ヤマシナの日記

許してくれ

詩作

 

 

夢を見る

 

      夢喰い獏にまたがって

 

夢を喰う

 

      夢を売ってはまた一つ

 

獏が見ゆるは母の夢

 

      母が見ゆるはまだ見ぬ子の顔

 

 

空想

 

 

森は観ている淡赤の空を

 

子熊は見上げる夜空の星を

 

魚は想うまだ見ぬ夜明けを

 

空はまだ遠いのだ

 

 

貝殻

 

 

貝とは人間の限界である

 

自分の殻を通じて世界を考えるから

 

自分の観測している世界は

 

貝殻越しにしか見えないから

 

自分の殻を破るときは

 

貝は死ぬときで

 

自分もまた死ぬときだ

 

 

恐れ

 

 

あらゆる煩雑さが襲う

 

我々は恐れのあまり耳を覆う

 

逃れるは人を楽にする

 

立ち向かうは人を苦へ追いやる

 

 

祈り

 

 

人の子よ

 

祈りませう

 

母なる海ゑ

 

無限の空ゑ

 

慈愛の大地ゑ

 

崇拝しませう拝みませう

 

 

 

 

菊の花や百合の花

 

蓮華の花が咲いている

 

儚く水面に漂いながら

 

曼珠沙華も咲いている

 

怖いくらいに真朱に染めて